脳梗塞の症状を見極める|血管の詰まりを予防する方法

乳がんの早期発見のために

笑顔

乳がんは、早期発見と早期治療により生存率が高くなります。そのため多くの女性が乳がん検診を受けています。自治体の費用負担で受けることも可能ですが、自費で受ける人も増えてきています。また、自治体での乳がん検診は触診とマンモグラフィによっておこなわれていますが、追加で超音波検査も受けるという人も多いです。

Read More...

脳卒中を予防するためには

悩み

脳卒中の影響

日本人の死因ベスト3は1位が癌、2位が心臓病、3位が脳卒中です。脳卒中は脳出血と脳梗塞とくも膜下出血に大別されます。脳出血とくも膜下出血は脳内にある血管が破裂し出血する病気で、脳梗塞は脳の血管が血の塊や異物によりつまることで、脳への血流が滞り、脳細胞が壊死することで起こります。いずれの病気も小さい血管だと運が良ければ症状のでない場合もありますが、大きな血管だとその症状は重篤となり、奇跡的に一命をとりとめても、左右どちらかの半身に麻痺を引き起こし、日常生活全般に介助を要す場合もあります。また新しいことを覚えられなかったり思い出せないなどの記憶障害や注意が散漫になる注意障害、人の言うことが理解できなかったり言葉が出にくくなる言語障害、急に怒りっぽくなったり落ち込んだりなどの感情障害など、その症状は本当に様々です。

脳卒中の予防方法

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血を予防するためには、血圧や血糖値、コレステロールなどの血管に負担をかける症状を見逃さないことです。中でも血圧は最も影響が大きく、高血圧であっても身体に異常の出ない場合が多いため、気づかれずに放っておかれることが多々あります。ですので、時々は血圧を測定し、自分の血圧がどの程度なのかを知っておくことは予防に大変有効です。もし高い場合は塩分を控える食生活にしたり、適度な運動を行う必要があります。また早めに医療機関へ相談し、適切な処置をしてもらうことも予防における大切な1つの方法です。脳出血、脳梗塞、くも膜下出血は場合によっては人生を狂わす大変な病気です。自分だけでなく、家族にも大きな負担をかけてしまいます。正しい知識と正しい生活を心がけ、未然に予防することが自分だけでなく家族をも救うことになることを忘れてはいけません。

免疫細胞を利用する治療法

女性

樹状細胞は、病原体を取り込んでその目印をほかの免疫細胞に教えるという働きを持つ細胞です。この樹状細胞を使った樹状細胞療法は、患者自身の樹状細胞を利用するため副作用が少なく、ほかの治療法と同時にできるのでがん患者から高い関心を持たれています。

Read More...

癌細胞を退治

カーテン

人は健康であることが、人生を楽しむためにとても大事なのです。でも癌などになってしまうと、治療や闘病生活でその楽しさが半減してしまいます。最近は新しくNK細胞療法が注目を浴びています。癌の治療の負担や副作用を少なくしてくれるのが特徴です。

Read More...